2019年2月 2日 (土)

姫路大学採用試験合格率

Himewji92877_2

今日と明日は入試業務で大学で仕事。さて小学校課程、今年度は凄い合格率(80%以上)でした。養護の試験を受けた2人は、ともに合格。規模は小さいものの、どの大学にも負けない成果です。だから2月後半にB日程の入試がまだあるので、高校生は受けて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

理科指導法(今期最後の模擬授業)

 姫路大学、今期、理科指導法の最後の模擬授業が終わりました。写真は「てこ」と「直列並・列の電気つなぎ」の模擬授業風景です。導入で面白い工夫をしてくれました。

50007567_2263194013962552_429428291

 重たい荷物も持ち方で軽くなる。ここからてこの学びに入る。

49864067_2263194103962543_253777312

 どうおもりをぶら下げると、釣り合うのか?

49704150_2263194040629216_251914730

 猫の鼻がプロペラモーター。勢いの良いのはどんなつなぎかた?

49394410_2263194067295880_545512509

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

関学の授業

Dsc_0394

Dsc_0398

Raiondsc_03911_2

関学と園田女子の講義、本日(7日)再開。関学の学生が千刈キャンパスのフィルドでとったドングリ、まつぼっくり等で人形をつくって、持て来てくれました。なかなかのでき具合!

Dsc_0389

Dsc_0392

Tatsusc_0388

Okadsc_0388_2

Dsc_0391

Butadsc_0389

Dsc_0385_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

スズメの果実

 自宅近くの甲子園浜で落葉樹に実がなっていた????

49897758_2259880537627233_108140789

 近づいてみるとなんとスズメである。

49213102_2259880394293914_306477632

49535865_2259880617627225_752590078

49388082_2259880690960551_289304493

 スズメは春、つがいになり、産卵、雛を育てる。冬は群れで放浪の移動。とはいうものの甲子園浜のスズメは群れでずっと同じ辺りにいるように思う。群れを作って、移動では無く同じ辺りをさまようというのが正解ではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

尼崎の森・丸島運河の自然

 20019年1月5日、武庫川のすぐ横、尼崎末広(丸島の西堀運河辺り)にある尼崎の森(開発中)へ自然観察で出かけた。

Foobanh2712260009

 上の写真は森増設中のセンター。

Foobanh2712260010

 コナラなどの落葉樹中心のようで冬はみすぼらしい。でも、里山らしさは創造できるだろう。

Foobanh2712260008

上の写真:ここで森増設の苗木を育てているみたいだ。

Foobanh2712260011

 

Foobanh2712260007

  この前、来たときはシジュウカラの群れがいたが、今日は音沙汰なし。ヒヨドリ、スズメ、キジバト、ハクセキレイとツグミのみ確認。

Foobanh2712260003

 丸島の西堀運河へ移動した。辺りは工場地帯だが、ここの街路樹にはジョウビタキが縄張りを持つ。運河には高確率で釣れるチヌがいる。

Foobanh2712260005

 いつもは3つぐらい確認するが今日は1つのみ。

Foobanh2712260002

運河ではカンムリカイツブリとオオバンを確認。

Foobanh2712260004

 船の横にオオバンが4ついた。

Foobanh2712260001_2

Foobanh2712260000

 近い将来、森の一角に干潟か池をつくるように聞いている。鳥の楽園になることを期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆陽池の自然(2019年1月4日)

 昆陽池は伊丹市にある。伊丹には山も海もない。それで市民がため池を森と鳥の憩いの池に変えた。1月4日の夕方(午後3時50分)訪れた。

Koyaikedscn6202

 カモは人間を恐れない。ヒドリガモが目の前にいた。

Hidorigamon6174

Kinkurohajiroimg_0608

上はキンクロハジロ

 木々にはエナガ、シジュウカラ、メジロの混群が賑やかにさえずっていた。

Enaga83

上はエナガ

Sijuukaradscn6179

上はシジュウカラ

Kanmuridscn5403

上はカンムリカイツブリ。7つほど池の真ん中辺りを泳いでいた。

Mikoaisadscn6187

 上、珍しいミコアイサが1羽でいた。

Kawasemikawaukoya_0624

カワセミが真ん中の島野石の上にいた。カワウの間。

Koyaikeh310103_3

Koyaikeh310103_4

 森の中はさえずりは聞こえるが、野鳥の撮影はしにくい。気持ちの良い散歩コースである。駐車場が5時に閉まるので、1時間ぐらいで立ち去った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

阪神間のカワセミ探検第2弾

武田尾、仁川、甲山周辺でカワセミを発見できなかったので、急遽、夙川銀水橋へ。

Syukugawadscn5455

Ginsuibasidscn5677

 銀水橋付近は以前はカワガラス、カワセミが高確率で見られたが、最近は外れが多い。エナガやシジュウカラ、ジョウビタキやルリビタキを見る確率は高いが。

 南に下がって甲陽園大池や樋之池へ。町中だがカワセミはいる。

樋之池にて:

樋之池も整備しすぎていそうにないな・・・・そう思って帰ろうとした瞬間、エメラルドグリーンが目の前をよぎった。息子が感動の声を上げた。私は撮影する手が震えた。撮る前に逃げないでくれ・・心の中でそうつぶやいた。パチッ!!撮れた。

Kawasemi25

Dscn6247

Dscn6229

Kawasemi

 日は沈んでいない。昆陽池の駐車場は5時までOK。ここなら伊丹に30分でいける。.到着。急いで、真ん中の島の石の上をくまなく見た。いた!!!!遠くだが、確かにセミだ。カワウと一緒だ。・・・・・うれしい。阪神間を走り回って2カ所でカワセミを見つけられた。

Koyaikeh310103_4

Kawasemiimg_0623

Kawasemikawaukoya_0624

努力すれば叶えられる・・その気持ちが腐らなかったことがうれしい。今年はがんばれそうだ・・・・でも、これだけ歩き回って・・・・・・・なんで痩せないのかな・・・???まあ、帰って飲むからな(笑)辺りが暗くなってので、この辺りでおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神間のカワセミ探検その1

 阪神間(私のまわりの西宮、伊丹、芦屋、宝塚、尼崎)のカワセミ探検に2019年1月4日、息子と出かけた。阪急芦屋川辺りから上流、阪急夙川駅、尼崎の庄下川にもいると言われるが、今回は探検から省いた。

 先ず可能性の高い西宮及び宝塚の北部、奥座敷の武田尾から散策。

Taedaoh3101033

Takedaoscn6145

 イソシギ、セグロセキレイ、キセキレイ、ルリビタキ、ジョウビタキは確認で来たが、カワガラス、目的のカワセミは見ず。ただ、出会ったバードウオッチャーはカワセミとオシドリを見たという。

 仕方なく仁川へ移動。

Nigawadscn6208

 仁川でも確認できず。キセキレイはいた。となりのなかよし池も見ず少なく、確認できず。

Nakayoshidscn6020

 上の写真(なかよし池)

 甲山周辺の池もみたがカワセミはいない。

Kabutoyamacn6211

 今日は見られなかったが、仁川ではカワセミやカワガラスを見たという話は多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

甲子園浜野鳥観察第2弾

2019年1月1日甲子園浜の野鳥観察第2弾・・・今年もよろしく。 

ハジロカイツブリ、6つほど確認。

Hajirokaituburi0437_2

テトラにイソヒヨドリの雌がいた。残念ながら色鮮やかなオスは確認できず。

Isohiyodoridscn5524_5

干潟の沖に立つ杭にはミサゴ(ワシタカ類)が止まっていた。

干潟再生の砂を船が入れているとき(1週間前)はいなかったが、もどってきた。

Misagoh301228_3

Dscn6038_2

 さて、確かに砂が入って、干潮でないのに、少し砂が出ていた。

海と反対側の浄水場前の防波堤際の草木に目をやるとジョウビタキ、モズなども見られた。ジョウビタキのメスの縄張りは海岸沿いなので何回も確認できたが、オスは海岸が縄張りの端なのか、一度見て遠くへ行った。

Joubitakiosudscn5504

Joubitakimesudscn5494

Mozudscn5500_1

モズはサッと来て、サッと遠くへ行った。撮影できたのは運が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園浜野鳥観察【2019年1月1日】

今年もよろしく。2019年1月1日、甲子園浜の野鳥観察です。

Kousiendscn5589_2

 鳴尾川河口に圧倒的に多いのはホシハジロ。1000羽は確実に越えていました。

Hosihajirodscn5533_2

 上の写真はホシハジロの一部です。こんな感じで鳴尾川河口に長い群れを作っています。次に多いのがスズガモ。しかし、数年前よりかなり減り60羽程でした。

Suzugamodscn6053_2

 ヒドリガモ20、マガモ4、オナガガモ20、オカヨシガモ15、カルガモ6、コガモ6、ハシビロガモ4も確認。珍しいところで、ホオジロガモ3確認。

Hasshibiro0401

ハシビロガモ

Okayoshigamodscn5908

オカヨシガモ

Hidorigamo932_2

ヒドリガモ

Onagagamodscn6054

オナガガモ

 ホオジロガモは下の写真です。

Hoojirogamodscn5624_8

他には下の写真のカンムリカイツブリ8羽ほど

Kanmurikaituburiimg_0561_2

下の写真のウミアイサ2つ

Umiaisaimg_0555_2

 

Kurodscn6055

 上の写真はオオバン。ここ数年、どんどん増えている。尼崎の丸島水路でも甲陽園大池にも樋之池にもどこにでも進出している。樋之池や甲陽園大池ではバンとも共存している。

 さて、ウミアイサ、カンムリカイツブリ、ホオジロガモ、ハジロカイツブリなど数は少ないが甲子園浜で見られたのは、うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

生物と理科指導法の授業

Himeji_0629

Himejimedaka982

Himeji0608

Himreji_0619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

近畿大学理科指導法スクーリング

40446525_2176953285919959_478866964

近畿大宇学理科指導法スクーリング、今日は朝9時から午後6時まで。実験模擬授業中心。ラグビー部やボクシング部など、キン肉マンがいるので、空気をどこまで押せるか・・・なんていうシンプルな実験もものすごく面白い。

40330280_2176402725975015_379232349

 東大阪市 近畿大学本部

40337789_2176953445919943_257941645

40365408_2176953719253249_287770913

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

姫路大学通信理科スクーリング延期

39987102_2171538919794729_557139828

姫路大学通信の理科スクーリング・・晴れているのに!!警報が出て昼から中止・・・・。じゅんぐりじゅんぐり後回しで忙しさが、てんこ盛りになっていく。つらいの。それにしても今年は警報が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

甲山夜の観察8月21日

39894710_2169746919973929_397029632

 がさがさという音がした。息子が撮影。光る目が2つ。

39936546_2169746756640612_703883056

 拡大すると、わずかに姿が見える。イノシシらしい。

39610988_2169751059973515_434063427

 今日もコクワガタ(4匹)のみ。他のクワガタ類やカブトは確認できなかった。

39753270_2169749979973623_546770234

 蛾のオオトモエがクシコメツキと一緒に蜜をすっていた。

39760637_2169751759973445_745202271

 オオゲジが今日もいた。他の昆虫と異次元で動きが早い。

39775396_2169752513306703_322567775

 ヨツボシゴミムシとカナブン。ヨツボシゴミムシは樹液を吸うのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

夜の甲山、樹液に集まる虫

甲虫が見たくて、今日(20日)夜9時頃、二男と甲山に行きました。阪神間の景色がきれい。夜はスズメバチが活動していないので、安心です。

Img_0496

Koukiimg_0463_3

Koukiimg_0491_2

夜の甲山、樹液に集まる恐ろしいスズメバチはいなかったけれど、強面はいました。でかいゲジゲジ、でかいトビズムカデ。シロテンハナムグリと一緒に、大きなムネアカアオオアリの群れ。見るだけにしました。

Gejigejiimg_0474_2

Tobizumukade98732

Muneaoakaooarikushikometuki

 甲山の夜、樹液に集まる甲虫類。コクワガタ3匹(内♀2匹)、カナブン5匹(昼より少ないです)、シロテンハナムグリ3匹、そしてクシコメツキムシ2匹。カブトムシは残念ながら見られませんでしたが、コクワガタが見られたので、よしとします。カに足をかまれ、かゆいのですぐに退散しました。

Kokuwaimg_0489_2

Kokuwa90473

Sirotenoaokanabunp1090451

Kushikometuiki90465

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«姫路大学理科免許更新講習