« 理科の教員免許更新講習(選択理科6時間)姫路大学 | トップページ | 甲子園浜、28日シギチドリ確認できず。 »

2017年5月22日 (月)

大阪南港シギ・チドリ観察5月21日(日)

20170521_2

5月21日、二男と大阪南港野鳥園へ行った。甲子園浜とシギ・チドリの渡りの状況はどう違うのか、気になったからだ。

Oosakanannkou4995

 先ず印象深いことは、甲子園浜に比べて立入禁止地域が広く、その禁止地区の水辺環境が複雑である。すぐにシギチドリの群れを発見した。

Nankoumure20170521

 驚くべき数である。キアシシギが約90羽、トウネンが約60羽いた。

Oomdedai20170521nankou

 久しぶり、オオメダイチドリに出会えた。上の写真、左側。

Tyuusyakunankou20170521

 チュウシャクシギも2羽、確認。

Saruhamanankou20170521

 また、珍しいところとして、トウネンの群れにサルハマシギが2羽いた。

Uzurasiginankou20170521n3

 さらに珍しいウズラシギも確認した。

Sorihasidscn5089

 1羽、ソリハシシギも確認した。

 まとめると、トウネン60羽、キアシシギ90羽、オオメダイチドリ1羽、シロチドリ3羽、チュウシャクシギ2羽、サルハマシギ2羽、ソリハシシギ1羽、ウズラシギ1羽確認できたことになる。甲子園干潟をホームグランドにしている私にとっては、残念だが、大阪南港の方が数種類ともに甲子園干潟を凌駕している。

|

« 理科の教員免許更新講習(選択理科6時間)姫路大学 | トップページ | 甲子園浜、28日シギチドリ確認できず。 »

自然探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218586/65316200

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪南港シギ・チドリ観察5月21日(日):

« 理科の教員免許更新講習(選択理科6時間)姫路大学 | トップページ | 甲子園浜、28日シギチドリ確認できず。 »