« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月

2017年11月25日 (土)

姫路大学キャリアミーティング

Kyariamithing90827

今日(25日)、姫路大学教育学部キャリアミーティング

、無事終了しました。卒業生は社会に出て、充実していることだけでなく、しんどさ、つらさも語ってくれました。大学生に「今なにをすべきか」それぞれの体験からの話は、非常にためになりました。後の学生アンケートを読んで、そう感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

20日出講で関西学院大三田キャンパス(午前)と園田学園女子大尼崎キャンパス(午後)

Kangaku_0063

     関西学院大学三田キャンパス

Sonoda_0002

 園田学園女子大学前の庄下川

 20日(月)は出講で午前中、関西学院大学三田キャンパス、午後から園田学園女子大尼崎キャンパスに行った。すごく冷え冷えする日だ。ただ、秋の景色がどちらも美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

11月18日(土)補講

土曜日だが理科指導法の補講。模擬授業を担当した二人は、実験準備、板書なかなか頑張った。しばらく土曜日は基本的に仕事が続くので、体調管理は気をつけたい。とは言え、医者から体重10kg減らせと言われたが、・・・・・・。

23659699_1981475482134408_316242067

23658369_1981475458801077_201708782

23754931_1981475528801070_713628041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

但馬理科授業研究会

今日、但馬地区中、高校理科授業研究会で和田山中学校。生物マイクロスケール実験などを二時間ほど48名の先生方にしてもらいました。笑いでもりあがり、ありがとうございましたの反応でやった甲斐を感じました。研究授業は二つ、一人一人を大切にした良い授業でした。

23559707_1979611112320845_482392153

23472338_1979845695630720_438478217

講演で私は落語のように笑ってもらえたらと願う。そんな中で。高橋金三郎の三大物質(砂とうの仲間、塩の仲間、金物の仲間)をしました。今回は中高の先生で理科の専門だからこそ、あえてこの流れで実験した。非金属原子どうしの結合、砂糖の仲間、電気を通さない。これをおさえてから、金属と非金属の境目の非金属である炭素やケイ素が電気を通す場合があること(共有結合の結晶、黒鉛を使う)、分子間引力より水素結合が強く作用する極性分子である水が電気分解すること。金物の仲間はたたくと伸びる、磨くとピカピカ光る、電気を通す・・・これらすべて自由電子の構造による。水にとりかこまれた粘土のよう、光を自由電子が反射し、マイナスの電気を帯びた電子が自由に動く・・・開発した生物マイクロスケール実験とともに芝原・佐藤開発の爆鳴気実験入れて7つ。」最後シャボン玉のパンパンパン爆発音で講演を終えた。2時間、笑いとわお!があったのでうれしい。

23519382_1979582265657063_736047772

23621359_1979562882325668_576899695

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

関西教育学会第69回大会

関西教育学会第69回大会が11日あり、大阪市立大学へ行きました。理科の50分学習指導過程での実験のすすめかたについて、発表しました。これからも、ほとんど土曜日は仕事が続きます。忙しいです。

Kansaidsc_0023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

丹有地区中学校理科授業研究会講師で出張

Kasugadsc_0043_2_2

Kasugadsc_0047
 本日(8日)兵庫県丹有地区(丹波・篠山・三田)の中学校理科授業研究会があった。25人の先生参加。授業後、私が実験講習を行った。西宮は丹波出身の先生が多い。私の小学校時代の恩師「細見潤之介先生」も、丹波出身で今回、多くの方が知っておられた。80いくつか、もう亡くなられたという。とても良い先生だった。会えなくて残念。ところで実験講習は生物マイクロスケール中心でうまくいったと思う。講習終了後、大勢の方が話しかけに来てくれたので、そう思う。

【追記】

 研究授業:主題「銅粉の酸化」女性のA先生

 びっくりした。生徒と先生の関係が良い。前向きな生徒。一生懸命。でも、設備は・・・・。小数第1位しか測ることができない電子天秤。しかし、しっかりデータを出していた。先生はさらに厳密を期待されたようだが、あの天秤では自ずと限界がある。こういうときは、比較する数値が離れるように、銅粉のG数を離して設定すればいい。0.2と0.3の比較では無く、0.2と0.8。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

植物の根の働きマイクロスケール実験

Ainotedsc_0019

Ainotep1150885

Burokoriimg537

j授業内で、というよりわずか5分で吸い上げが見える。分光セルは1cm×1cm×4cmの小型。実験室で無くてもできる。すぐに結果が出る。一人一実験ができる。植物染色液を安く手に入れれば、言うことなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »