« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

日本のイノシシ、インドのイノブタ?

前の写真2枚はインドで見たイノブタ?です。人間と共存してました。後の2枚は六甲、甲山周辺の銀水橋や自然道で見たイノシシです。こちらは餌付けで身近になりました。似ているようですが、インドの方の方がたくましく蹴飛ばして横にどかしていました。

27654909_2023321854616437_452891265

インドの郊外の原野で見かけた群れ

27459666_2023321914616431_672643880

インドの町中でぶらぶらするイノブタ

27545601_2023321997949756_926791659

六甲山甲山周辺で見たイノシシ

27541037_2023321951283094_204490187

甲山夙川銀水橋で見たイノシシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドのクジャクと日本のキジ

日本でのキジ、インドでのクジャク。インドで私の研究室から見える大塩の草原の雰囲気に似た場所に出た。大塩ではキジが望遠で撮影できた。インドでもよく似たやつがいるのでは・・・・・・いた!!クジャクだ。動物相、多様性は違っても似た生き方をしている動物がいると思った。

27752263_2022767648005191_599862701

 インドで見たクジャク

27544575_2022767714671851_233491933

 研究室から見えるキジ

27540521_2022767784671844_538580560

 インドの風景

27540868_2022767738005182_737172049

研究室から見える大塩の風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

インドのカラス

甲子園浜で撮ったカラス。外国の方は日本の大型カラスの都会の群れに恐れる。理由がインドで分かった。小型の灰色と黒のツートーンのイエガラスとチャイロオナガがメジャーで黒い大型のカラスは一度しか見なかった。

27459641_2022435891371700_396769599

27541126_2022435958038360_902089045

27459215_2022436001371689_527098401

27656965_2022436041371685_758714462

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドのスズメ

乾期で生き物が水場に集まるので、水の中を渡るトラが偶然見られた。

27658022_2021818151433474_663667592

町中でも6人乗りのオートバイの横でちょこちょこしているスズメ発見。

27654861_2021816088100347_539238468

甲子園で撮った下の写真のスズメと比べてみる。

インドのスズメは頭の上が灰色!ほっぺの黒い紋がない。これはイエスズメ

である。日本のスズメはヨーロッパではヤマスズメと言われる。

27459680_2021816171433672_795631698

上写真(インドのスズメ)

Japan_7862326796882777109_n

日本のスズメ(日本には他に小型のニュウナイスズメが北日本にいる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

甲山夙川銀水橋野鳥観察

2月11日、久しぶりに二男と親子で動物探検。夙川銀水橋周辺森林。久しぶりにルリビタキのを発見。他にセグロセキレイ、ジョウビタキを発見。

 ルリビタキは毎年、同じ所に縄張りを持っている。今年、それを確認できてうれしい。

3553_7502467566287183045_n

3556119909124_n

41_5952956206782429351_n

33538_7280830789046616912_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

インドの動物たち トラ

法政大の左巻さんがインド旅行に行かれました。私も2013年11月乾期に探検で行きました。乾期ですので大型ほ乳類は水辺に集まっていて運良く、トラを代表にいろいろな動物と出会いました。また、行きたいな。

18214540431_n

トラが水辺を歩いていた。ランタンボール自然保護区は乾期(12月25日前後)で野生動物が水辺に集まる。それで運良くトラを見ることができた。

2736908972633487_n

アキシスジカとサル(ハヌマンラングール)は仲が良かった。サルが木を上で実を食べると、下に鹿がある待ってくる。サルが木の実を落とすからだ。

27541881992333184_n

カワセミとワニのいる沼。

27544945675553346_n

立派な角を持つシカ。

きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »